2010年04月

収穫

カテゴリ
ワイン ~ぶどう畑での仕事~

ぶどうが完全に熟すと、待ちに待った収穫が始まります。この時期がワイン醸造所にとって一番忙しいといえるでしょう。天候によっては、ぶどうの状態の良いうちに、一気に収穫を済まさなければならないこともあります。そのため、この時期ぶどう畑では、通常の数倍の人が働いています。収穫には、ポーランドの出稼ぎ労働者が多く参加します。

小さな家族経営の醸造所の責任者は、収穫の仕事が終わっても、醸造の仕事が深夜まで続くので、連日5時間以下の睡眠というのも当たり前です。

枝先を切り落とす

カテゴリ
ワイン ~ぶどう畑での仕事~

この作業はGipfeln(ギプフェルン)とよばれ、7月の中頃から9月頃まで2回くらい行われます。本来この言葉の意味は、「頂点に達する」などと言う意味なのですが、我々が使う場合、ブドウ木の枝の頂点を切り落とす作業を意味します。

この作業を行なうことによって、上へ上へと伸びるぶどうの木の力を、ぶどうの成熟のみに集中させます。

ギプフェルンを終えた畑は、収穫を控え、ブドウが熟すのを待つだけです。

カテゴリ
アーカイブ

このページのトップへ移動